読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発チームの難しさ

最近チームとは、とか考えちゃってます。


チーム力っていうのが意外に大事だなと。




ただ何よりも大事なのは、どういうマインドかってことだなと。



ある問題児がいたとして、その人が何目的なのかということを考えると今の結果に納得いきます。


私はすごい若いのですが、一回りも上のモロ日本のSIerみたいな人と仕事します。

そういう人ってやっぱりおじさんで能力が低いんですよね。
特に私のような会社が手の届くSIerなんてまともなのはいないと思います。

なのにプライドはすごくて、営業やってるから口からでまかせがすごい。


ぼやっとしててわかりにくいと思うので具体的に書きます。



SIer山本さん(仮)がいます。
山本さんはうちのチームの要件定義が固まるまでのお手伝いで来ている外注さんです。
しかし特に要件定義においてバリューを出しているわけでもありませんでした。

しかし要件を定義していくにつれて、元々あったモバイルアプリのデザインが足りないと判明しました。

山本さんはデザインができるとのことで契約上乗せせずにやってくれることになりました。

結果的に画面数がもっと増えたため、正式にデザイナーとして外注契約を結びました。

その時はアウトプットが良いわけではなかったのですがすごい自信だったので我々のリーダーは契約しました。


そこからあげてくるアウトプットの質はお世辞にもデザインをやっている人のものではなく、スピードが尋常ではなく遅いのです。


正直デザイナーではない私がやったほうが早いし質もいい。

なぜなら山本さんはテンプレートなどは一切使わない、他のアプリは一切参考にしない、アーティスト気取りデザイナーだったのです。

というか彼をデザイナーと呼ぶのは本職の人に大変失礼なのですが。自称ですね。


アイコンなども全て自作しようとします。
いいけど。








質がよくないねん。。







せめて良いものはだそう。
時間かけるなら。


悪いものだすならはやくやろう。








とまあかなり感情的な書き方になりましたが。

彼がなぜこうなったかですよ大事なのは。



問題点として
1,我々の採用フローの甘さ
2,監視者の不在
3,すぐブラックボックス化する
4,チームに必要なマインドがあるか



1,採用時になんのアウトプットの確認もしていませんでした。
採用が一番大事なんだと痛感しています。
過去の実績を見ない限り今後はチームに人もいれないし人に何かを頼むこともないでしょう。まあ今回の件私が決定権を持っていたわけではないのですが。。。

2,私より一回り上の山本さんなので、正直一人でだらけるんですね。本人は今までブラックで働いてきたため、仕事では楽をして金を儲けるという意識が根強いです。
そんな人スタートアップに向いてません。


3,デザインできるよ!
この自信満々な一言で全てを彼に一任していました。
できる人なら野放しでも良いのですが、やはり都度都度ケアしていかないと後々大変だと肝に命じます。



4,楽をして金儲けしたい。なんて思っている人に良いサービス作ろうと思ってるうちのチームの気質があうわけありません。。

おっさんはもうごめんです。

おっさんてのはマインドがおっさんってことです。

年とっても良いマインドしている人いっぱいいるし。
そういう人たちは引っ張りだこですよね。


本当に良い人がきてくれるぐらいのチームとプロダクトを早く完成させたいものです。


まあ今回の件で日本のIT業界の平均レベルってものがしれたので絶対にそうならないようにしようと強く思いましたHAHAHA