読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己制御ということ

東京は雨となり憂鬱な気分の人も多いのではないでしょうか??

 

ただでさえ憂鬱がちなエンジニアの皆様。。。笑

 

 

 

そんなことからでもないですが、最近自己制御ということに思いふけることがあります。

 

 

私は基本的にストレスフリーで仕事をしている気分なのですが、

最近思うのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いらつかないことなんてない

 

 

 

 

 

 

 

ということです。

 

仕事、チームメイト、会社仲間、友人関係、恋愛、お金、将来の不安

 

いろんな思考が頭をかけめぐります。

 

 

 

そんな中で仕事の生産性が落ちるというのはなんとももったいない話です。

 

 

解決の方向性としては

 

 

1,そもそもストレスフリーを目指す

よりも

2,ストレス下での生産性を高める。

のほうが良いですね。

 

ストレスなんて外部要因なのでコントロールできないです。

 

その怒りや不安の中、それを糧にしてなにくそ、頑張ってやる、といった気持ち

 

この踏ん切りを付ける思考によって切り捨て、集中します。

 

 

本当に自分は強い、と大体の人は思っているのではないでしょうか。

 

 

ただ私もそう思っていましたが、ほんの一言、気になることを言われただけで何回もそれを考えてしまう自分がいます。

本当にどうでもいいことなのに。

 

マインドフルネス、という言葉が地味に流行り?ましたが、

そういう思考をしている自分、に気づくことが何より大事です。

それは思考だけでなく体に関してもです。

 

気づくことから全てが始まります。

 

 

ではまた

休日の過ごし方

どうも3連休真っ只中でございますがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

休むのが苦手、という人も結構多いのではないでしょうか。

 

休みが必要だ、というのは分かるのですが無理して休もうとしなくてもいいと思います。

 

休みだからどっかいかなきゃ!と思ってもたぶん楽しくないです。

 

 

ほんとにそういう気分になった時に動けば良いんですよ。

 

それか本当に何もすることがないときに。

 

 

ただ人に動かされるのが大事というのもわかっています。

 

人に動かされてみないと自分の領域(コンフォートゾーン的な)ところはなかなか抜け出せないですからね。

 

私も今まで人に動かされてばかりの人生ですがいつも感謝です。

 

持つべきものは自分より優秀な人です。

 

 

今度からは技術とかしっかりした内容書く時間をとってみます。

開発チームの難しさ

最近チームとは、とか考えちゃってます。


チーム力っていうのが意外に大事だなと。




ただ何よりも大事なのは、どういうマインドかってことだなと。



ある問題児がいたとして、その人が何目的なのかということを考えると今の結果に納得いきます。


私はすごい若いのですが、一回りも上のモロ日本のSIerみたいな人と仕事します。

そういう人ってやっぱりおじさんで能力が低いんですよね。
特に私のような会社が手の届くSIerなんてまともなのはいないと思います。

なのにプライドはすごくて、営業やってるから口からでまかせがすごい。


ぼやっとしててわかりにくいと思うので具体的に書きます。



SIer山本さん(仮)がいます。
山本さんはうちのチームの要件定義が固まるまでのお手伝いで来ている外注さんです。
しかし特に要件定義においてバリューを出しているわけでもありませんでした。

しかし要件を定義していくにつれて、元々あったモバイルアプリのデザインが足りないと判明しました。

山本さんはデザインができるとのことで契約上乗せせずにやってくれることになりました。

結果的に画面数がもっと増えたため、正式にデザイナーとして外注契約を結びました。

その時はアウトプットが良いわけではなかったのですがすごい自信だったので我々のリーダーは契約しました。


そこからあげてくるアウトプットの質はお世辞にもデザインをやっている人のものではなく、スピードが尋常ではなく遅いのです。


正直デザイナーではない私がやったほうが早いし質もいい。

なぜなら山本さんはテンプレートなどは一切使わない、他のアプリは一切参考にしない、アーティスト気取りデザイナーだったのです。

というか彼をデザイナーと呼ぶのは本職の人に大変失礼なのですが。自称ですね。


アイコンなども全て自作しようとします。
いいけど。








質がよくないねん。。







せめて良いものはだそう。
時間かけるなら。


悪いものだすならはやくやろう。








とまあかなり感情的な書き方になりましたが。

彼がなぜこうなったかですよ大事なのは。



問題点として
1,我々の採用フローの甘さ
2,監視者の不在
3,すぐブラックボックス化する
4,チームに必要なマインドがあるか



1,採用時になんのアウトプットの確認もしていませんでした。
採用が一番大事なんだと痛感しています。
過去の実績を見ない限り今後はチームに人もいれないし人に何かを頼むこともないでしょう。まあ今回の件私が決定権を持っていたわけではないのですが。。。

2,私より一回り上の山本さんなので、正直一人でだらけるんですね。本人は今までブラックで働いてきたため、仕事では楽をして金を儲けるという意識が根強いです。
そんな人スタートアップに向いてません。


3,デザインできるよ!
この自信満々な一言で全てを彼に一任していました。
できる人なら野放しでも良いのですが、やはり都度都度ケアしていかないと後々大変だと肝に命じます。



4,楽をして金儲けしたい。なんて思っている人に良いサービス作ろうと思ってるうちのチームの気質があうわけありません。。

おっさんはもうごめんです。

おっさんてのはマインドがおっさんってことです。

年とっても良いマインドしている人いっぱいいるし。
そういう人たちは引っ張りだこですよね。


本当に良い人がきてくれるぐらいのチームとプロダクトを早く完成させたいものです。


まあ今回の件で日本のIT業界の平均レベルってものがしれたので絶対にそうならないようにしようと強く思いましたHAHAHA

Prott プロトタイピング モバイルアプリ開発

モバイルプロトタイピングの救世主
Prott
を使用しはじめました!

prottapp.com


みなさんご存知の通りラフなどをとりこみ画面遷移などを組み込むことができるアプリです。


そのProttの中でも今回は
Wireframe
作成機能を使用してみました!



この機能は通常使う手書きのラフをGUIで簡単にデータとして作成できる機能です。

使い方としては
1. 要素
2. 配置
を決めることで画面の役割、機能を明確にすることが考えられます!

そしてこのワイヤーフレームをもとに詳しいデザインにとりかかるといった流れですね!


プロトタイプ開発においてこのワイヤーフレームの手順を踏まずにいきなりデザインに入るとこうなります。

1. デザイナーに要件を伝える。
2. デザイナーが要件にそって自分で解釈しながらデザインを完成させる。(時間かかる)
3. 要件が変更になったのでこの画面はいりません。こっちの新規画面を作成よろです。
4. デザイナーあぼーん
5. でも言われたとおり作る
6. やっぱりいr...(以下繰り返し)

でプロトタイピングにそんなに重要じゃないデザインに異常な時間(と外注している場合はお金も)がかかります。

これはプロトタイプ開発が要件定義の変更を柔軟に許容するアジャイル開発で行われることが多いことに起因します。

スタートアップの場合はこうやってとりあえず大枠からやり、細かいところは後からやることが肝要です!

Prottは意外にお高めです。
ワイヤーフレームは月4000円のクラスから利用可能。




とまあ当たり前のことをつらつらと書きましたが是非皆さんもPrott試してみてください!!


prottapp.com

droidkaigi 2017 2日目 参加レポート

droidkaigi2017 2日目!!

 

雑魚エンジニアですが懲りずに参加してまいりました。 

 

下は2日目の配給の昼ごはん。コロッケ目玉焼きバーガー的な。
ありがたいです。。 

f:id:mktrdbg:20170311004245j:plain

 

さて肝心の内容の方ですが

  1. 11個の個人アプリ作ってみた
  2. Android6.0対応について
  3. 音声認識を使いこなす

を聞かせていただきました。

 

 

まずなにより

 

 

LTしてるエンジニアかっこええ・・・

 

 

 

 

いつか私も晴れ舞台に立ちたいものです。

 

 

そのために早く基礎は一通りみにつけつつ長期スパンでのスキルも伸ばしておく。

 

なかなか気の長い話ですが楽しんでやっていきます。

 

 

明日はJAWSなのでまたゆっくりできたらdroidkaigiのほうのレポートを詳しく書きたいと思います。

では良い週末を!

 

droidkaigi2017 参加レポート!!

参加してきました!

f:id:mktrdbg:20170309173200j:plain


初の参加でしたがおもしろいイベントですね!

参加させていただいたのは

  1. Androidセキュリティ最前線!
  2. Android Shortcuts in Android Nougat 7.0
  3. Android Resources Refactoring

以上の3つです。

下2つは英語のセッションで、話を聞いてみた所海外からこのイベントのために来てる人もまあまあいるとか。
私がお話したのはデンマークの開発者さんでした!
おもしろい!

あとモンストの中の人に会えたのも嬉しかったですね!

是非明日2日目も面白い出会いに期待です!

Raspberry Pi 3開封の儀

Raspberry Pi 3を購入したので開封してみました。










内容物こんな感じ。

f:id:mktrdbg:20170308235404j:plain












SDないけどとりあえず接続してみた。

f:id:mktrdbg:20170308235421j:plain


ってところで他にすることができたのでそちらを優先。




また明日以降動作検証の方行っていきます。
目的についても語りたいです。